2017年4月25アップ          かずのり&じゅん子  

  諸般の事情により 『節酒は出来ないが断酒はDEKIRU』 を移転しました。体力の続く限りこのホームページを継続しますので、今後とも宜しくお願いします。        初代ホームページ 2003/10/18アップ          2018年11月1日更新                       

ちぎりえ        奥入瀬渓谷      じゅん子作

 昭和17年11月22日午後4時生まれ。

 「空がぬける様なお天気の日に産まれたんだよ」と母は、私の生まれた日を幼い頃そう教えてくれました。
 もうすぐ64歳になる私、色々ありました。

私も、母親になった日があります。26歳の時もう後1週間で予定日の夕方、大きなお腹の私に、父親になる人が事故を起こして怪我をしたと知らせがありました。
「順ちゃん、心配いらんよ、検査してるから、すぐ帰って来るから」と・・・
 後で知った事ですが、大怪我で,生死にかかわる程の大事故でした。
倉敷の兄嫁や、又妹に何日か泊まってもらいましたが、予定日を過ぎても生まれそうにないので、医者に相談して、陣痛も来てない体で荷物を持って、初めてのお産で心細い思いをしながらタクシーに乗り病院へ行きました。
 5月31日午後4時頃に23時間半掛けて2800グラムの男の子を生む事が出来ました。

次の日「お母さんおっぱいの時間ですよ」と言って看護婦さんが抱いてきました。私はやわらかくて、ふんわりした昨日産まれた自分のあかちゃんを抱っこしてお乳を飲んでもらいました。この子が元気で、幸せな子に育ちますように、神様にお願いしました。いとうしくて、「誰にも渡せない、きっと良い子に育てるんだ」と心に誓った事は嘘じゃない。

 でも結果は、2歳下の娘と二人とも、息子が一年生娘が4歳の時に離れ離れになってしまったのです。
 子育てをしながら、魚屋の商売をしながら、そして寝るために呑み始めたアルコールに囚われてしまって、子供よりも酒を求める私になっていったために・・・

 あれから38年経ちました。私はアルコール依存症という病気になりましたが、今断酒会の皆様に支えられて、元気で暮らす事ができております。

 

 昨年、子供達の父親は癌で死んでしまいました。64歳で太く短い人生に幕を降ろしました。
 息子や、娘はそれぞれの生活をしておりますが、まだ孫の顔をみせてくれないのが寂しいです。でもこれは自分でどうにもならない事です。そして、誰を怨む事も憎む事も出来ません。

 

 これから先、年を重ねて「あの世」とやらで、母に会ったら叱られるかもしれないけれど「母さんいろいろあったけど、の人生まんざら捨てたもんじゃなかったよ」と素直に言える様な気がします。 

 

 (現在の年齢は77歳です。アルコール依存症を筆頭に糖尿病、乳がん、肺がん、心房細動の手術等次々病気が増え、お医者さんと仲良くしながら、13個の薬を頼りに生活をしております。これも、断酒会の例会に出席して酒が止まっているからです。そして、皆さんのおかげと感謝しております。)